メニコンの「フォーシーズン」は取り扱いません

当院では、メニコンの「フォーシーズン」は取り扱いません。

理由は、そのレンズケア(フォーシーズンケア)に問題があるからです。

従来よりハードレンズにおいても“こすり洗い”の重要性が指摘されています。

当院でもその方針を尊び、今まで患者様にもご説明して参りました。

以下のサイトをご覧ください。ハードレンズを安全に使うためには“こすり洗い”が重要であることが明確に示されており、その方向に何らブレはありません。

さらにメニコンのHPの中にも『コンタクトレンズは毎日「こすり洗い」を行う』ことと記載されています。

また、平成29年9月26日に発出された厚労省局長通知(薬生発0926第5号)の製造販売業者向け情報の中にも『コンタクトレンズ購入者が「不適正使用等による眼障害の危険性」等を正しく理解する』よう努めることが求められています。

にもかかわらず、今回のフォーシーズンケアの特長に堂々と『つけおきタイプのお手軽ケア』と書かれています。当たり前の“こすり洗い”を軽視する姿勢は見過ごせません。私には「3か月ならこすり洗いの必要がない」と言っているように聞こえます。

一方で重要であると言っておきながら、一方ではつけおきで良いという。まさにダブルスタンダードです。御社の安全哲学憲章とは程遠く、ご都合主義のように思えます。私は信頼できない製品を私の患者様には渡しませんし、患者様にどう整合性を取るのでしょうか。開いた口が塞がらないとは、まさにこのことです。

患者様のためにまじめに最善を尽くして行きたいと考えています。

院長 二宮 元

カテゴリー: News